金観音 金鎖匙と鉄観音を掛け合わせた近代の名品。
鉄観音を岩茶にしたような感じで特に香りがすばらしく、長く尾を引く後味が特徴の茶酔いしやすいお茶です。香香お奨めの逸品です。
奇蘭 元々は福建南部の奇蘭種を武夷山に移植したお茶で、品種としては歴史があります。
蘭の香りが際だって強く、女性に大人気の店主一押しの茶です。
金鎖匙 二つの岩の生えていた茶木の見た目が、鎖を巻いたように見えたことから命名されたと言われている名叢です。
今回の金鎖匙はこくと甘みのハーモニーがすばらしいです。
金柳条 茶葉の形が柳のように細長いことから名付けられた名品。
爽やかで、かすかにミントのような後味が感じます。
北斗一号 元々は北斗の名で知られていた古来名叢の一つを最近改良して「北斗一号」と名付けられました。今回のお茶はバランスが良く、万人受けする味わいが特徴です。
水金亀 4大名叢の一つで、色々な諸説伝説が多く付きまとう武夷山を代表する銘茶です。
昔大雨で流され、行き着いた場所で茶木が縦横に交差している様子と、緑に光った茶葉が亀の甲羅に見えたというのが名の由来です。
全てにおいてバランスのとれた味わいは万人に好まれています。
水仙 元々は建陽市の水吉という場所が原産で清代に武夷山に移植されました。
品種掛け合わせの元となる茶として珍重されています。
味と香りのバランスが良く、飲み飽きしない万人好みの銘茶です。
酔貴妃 昔「貴妃」(貴婦人)がこのお茶を飲んで不覚にも茶酔いしたことから命名されたと言われている名品です。
強い香りと甘い味わいが特徴で、その名の通り沢山飲むと茶酔いするかもしれません。
虞美人 茶葉の形がとても美しく綺麗な事から命名された名叢。
酔わせるような優雅(高貴)な香りが特徴です。
女性に人気の一品。
大紅袍 ご存じ4大名叢の頂点に君臨する岩茶の王です。
現在は茶葉研究所で栽培されている2代目以降を枝分けしたものですが、由緒正しい正岩茶のため、その風格はまさに岩茶の王様と言えるでしょう。
幾分清香系の出来ですが、偏りのない味と10煎以上飲んでも褪せない香りは絶品です。
鉄羅漢 4大名叢の一つで、最も早く有名になったお茶です。
難病を治す薬茶としての逸話も多く、そのことから修行僧である羅漢の名が付いたとも言われています。
力強く骨太の味わいと繊細な香りはまさに岩茶を代表する名品です。
肉桂 4大名叢に負けない名声を持つ武夷岩茶の王道です。
肉桂茶木は早くから武夷山で発見されており、1940年代に有名になりました。
最初はクリームの様な香りから次第に水蜜桃、最後に桂皮の香りと変化すると言われています。肉桂好きは多いです。
白鶏冠 明代から言い伝えられている歴史のある4大名叢の一つ。
諸説・伝説にまつわる話が多く、茶葉の形が鶏の鶏冠に似ていることから命名されたと言われています。白鶏冠独自の深みのある味わいと、独特の香りはに名品の貫禄があります。
白瑞香 白い衣をまとった少女の伝説がその名の由来となったとも言い伝えられている名叢。
その香のすばらしさから4大香茶の一つとして名声を得ています。
八仙 元々は広東地方から移植された茶葉の一つ。
毎年微妙に味が変化することから、中国の仙人伝説である「八仙」にたとえられた名品。
今回の茶葉は香ばしく、飲み飽きしない味わいが特徴です。
不見天 その名の通り日の当たらない谷底で育つと言われている古来名叢の一つ。
複雑に絡み合った香りと味わいには風格を感じます。
元在庫の不見天は店長一押しの良い出来です。
迎春柳 早春に咲く迎春柳(雲南月光花)にたとえられるように、春の早い時期に発芽する種類の一つ。
その名の通り、春を思わせるような爽やかな香りとすがすがしい味わいの逸品です。
雪梨 元来は仏手種の一つで、茶葉の茶葉の大きいものを雪梨と名付けられました。
こくの深い味わい、口に広がる甘い飲み口が特徴です。
黄旦 黄旦種は「黄金桂」の原種であり、それを武夷山に移植したいわば黄金桂の岩茶版です。
香りは金木犀の様な爽やかさがあり、甘い口当たりが好まれています。
晩甘喉 中国の書籍によると、4大名叢より以前に発見された最も古い名叢とされ、その名のごとく、喉の奥にかすかな甘みが広がる名品です。
以前より清香系になったにもかかわらず、どっしりとした感じはまさに一級品
石乳香 清代から伝わる4大香り茶の一つです。石頭(岩)から放たれる際だった乳香が名前の由来です。
その名に相応しい甘い乳香が特徴の名品です。
千里香 清代から伝わる4大香り茶の一つで、千里先からもその香が届いてくるという意味から名付けられました。
別名「十里香」の名で親しまれており、確かにその香はすばらしく、茶酔いしそうな感じは名に恥じません。
半天腰 ものの本では4大名叢に半天腰を加え5大名叢とされており、その名を轟かす名叢。
比較的日照条件の良すぎる場所で発見されたにもかかわらず一級品の地位を得ている。
落ち着いた香りと腰の据わった味わいが特徴です。
夜来香 清代から伝わる4代香茶の一つで、夜に香る「夜来香」の花の香りにたとえられる名品です。香香の岩茶の中でも特に香が高く、茶酔いするお茶として店主絶賛です。
後口が長く尾を引き、体を温めるため女性にお勧めです。
素心蘭 軽くて爽やかな香りが特徴の清代から伝わる銘茶です。
その名の通り、汚れのない清らかな蘭の香りが特徴で、甘い口当たりが女性に人気です。
不知春 文字通り「春を知らないお茶」というとおりに早春につみ取られ、生成されます。岩茶の中
でも際だった早摘み茶です。春風のような清々しいフレッシュな香りと、爽やかな口当たり
が特徴の岩茶です。
金鳳朝陽 <新茶>武夷岩茶には数百という名叢が存在しますが、その殆どは生産量が低くまだ名前の付いていない物ばかりですが、
その中から新しく名前が与えられ、新しいお茶として商品化されました。(詳細は現在不明)
うっとりするような香がすばらしいお茶です。
 
 
武夷山では常に新しい茶葉の研究を続けており、新品種の創造や新しい名叢の発見 に努めています。
 香香ではいち早くその情報を入手し、お客様へご提供できるよう 努力して参ります。